スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

9/8 あの日しまい忘れたままの(神のみぞ知るセカイ 156話感想)


両手に悪の花。

今週の神のみぞ知るセカイは156話「聞いてたんだよ」でした。歩美とちひろ、そして桂木桂馬……その三角関係が、ゆっくりと崩れ落ちていくお話でしたね。

続きはこちら

9/1 偏る天秤(神のみぞ知るセカイ 155話感想)


ドアの向こうで。

今週の神のみぞ知るセカイは156話「シルエット・ロマン」でした。内側と外側、そこにはとても大きな歪みがあって―――というお話、だったような。

続きはこちら

8/26 Waltz(神のみぞ知るセカイ 154話感想)

(ブログ移転作業中。画像つき感想はこちら

今週の神のみぞ知るセカイは154話「PLAY THE GAME」でした。妹のベッドの上で、妹の同級生と密着するお兄ちゃんのお話でした。っておい、これじゃ重度の変態だ。

前回、風邪を引いた自分のもとへ歩美を引導した桂馬くん。神の予想通りに事は進み、歩美とのかつてないラブコメっぽさをみせていましたね。しかし今回も、桂馬くんは歩美へ怒涛の攻撃をしかけます。

「お見舞いイベントはプラスのルートの宝庫だ。どう転んでも失敗はない」
と桂馬くんは言いましたが、まさにその通り。先週の感想でも述べたように、状況から生まれる「あんたのことが好きだからやってるんじゃないんだからねっ!」前提のおかげで歩美も桂馬くんに優しくしまくりですよ。最近の神のみを読んでると、もうなんか、風邪をひきたくなってきますわ。こほん。



順調に進んでいったお見舞いイベントfeat歩美でしたが、そこに突然の来訪者が。読者の予想、そして期待した通りに、桂木家のインターホンを押したのは……ちひろ、でした。桂馬くんと歩美がベッドの中でテトリスを体現している中で、なんとも言えない空気を漂わせながらお見舞いイベントfeatちひろが始まりました。
歩美と同じように、やんわりとしたデレを常時放出しているちひろとお見舞いイベントを繰り広げながら、歩美とプロレスを繰り広げる桂馬くんは大した人ですよ。神だけど。それにしても今回の神のみは展開がぶっちぎりすぎていて、感想を書きにくいというか。さすがにここまで来てしまうと、コメントのしようがないというかね!わざわざ横から口出したりしないで、にこにこと眺めていたい展開ですわ。ま、そうはならないのだろうけど……。

ただ、個人的に今週の神のみは歩美を布団に入れたことよりも、ちひろがそこに居合わせていることのほうがポイント高いと思うのですよ!まさに修羅場!神のみは作品の性質上、ハクアディアナでハーレムにはなっても、修羅場が生まれることはありませんでした。あったとしても、攻略後。今回は再攻略で再び歩美とちひろに照準が当たり、見事な(?)修羅場が完成いたしました。まさにこれを待っていた。
しかもそれが歩美ちひろと来れば……シチュエーションを至上とするならば、ぜひ、ここから泥沼展開にね!突入してほしいわけなんですよ!てへへ!ま、歩美とちひろたちのキャラクターを至上した場合には、何ともなく終わってほしいと思うのですが。できるのかなあ、それが。



一応「修羅場」といっても二人が大喧嘩するというわけではなくて、互いが互いの思いを知ったうえで距離ができる……くらいでいいんですけどね。とらドラみたいな。ISのような「えっあの子もあの人のこと好きなの?絶対に許さない!」という明るい修羅場もいいんですが、個人的には前者である灰色の修羅場みたいのが好きですねえ。
ただ、例にあげたとらドラとかもそうですが、そういう修羅場作品は非常にアレ。だって灰色修羅場になったら、もう展開が動かないわけですよ。それでも主人公がそれを奪回しようと動いたり、ヒロインたちが動かされたりすることで、痛みを伴いながら歯車が動く。ひじょーに重苦しい展開にはなるんじゃないかなあ。ただねただね!歩美が「ちひろは桂木のこと好きなんだ……友達として応援しなきゃ」という建前で心の本音を隠し、ちひろも「歩美は桂木のこと好きなんだ……友達として応援しなきゃ」という建前で心の本音を隠すような展開になったとすれば、そこから先は重苦しいを超越して、悲しいお話になるんですよ!もう女神とか本編とか桂馬くんとか無視しちゃってるけどもさ!どっちかというと天理ディアナでそのくだりはやってくれそうな気がする(やってくれると願ってる)けど、歩美ちひろでやっても楽しく……というか、すごいことになりそうですよ。
ただ、そこまでいくと桂馬くんが蚊帳の外だから「神のみ」が破綻しちゃう可能性が高いので、スルーしてもらおう。少なくとも歩美ちひろは。天理ディアナの場合は、彼女たちの存在とその関係がどこかで繋がってる気はするのだけれど。

これも個人的な見解ですけど、歩美とちひろって既に「薄い膜」みたいのはあると思うんだよね。いやいや、心の。「心の壁」。A.T.フィールド。単純に、本編で歩美とちひろの会話が少ないだけかもしれないけど、どうもそういうものがある気がするんだよなぁ……ほら、下校イベントを実施したときのちひろの「昨日、桂木から電話あったからさ」のあとの歩美の「ふうん」とか。なんで歩美は「ふうん」しか言わないんだよ!そしてちひろは何故その反応にたいしてリプライを送らないんだよ!あのシーンを見てしまってから、こいつら薄い空間のひずみを浮かべてるな、と勘ぐるようにはなったんですが。
歩美も、ちひろも、互いにそれを感じ取っていたりするのだろうか。ただ、今回の修羅場の末に互いの思いを「確認」してしまうよりも、むしろ今のようなぬるい「そうなのかな」という気持ちでいる状態というのも、すごく貴重なのよ。歩美ちひろがお互いの「思い」をやんわりと感じ取っているとしても、それに確証がない以上、まぁいいかな、となるわけですよ。だからこそ二人ともお見舞いに来たし、歩美は今回ベッドから出なかった。
「まぁいいかな」というのは、「まぁそれなら、桂木のことを気にかけていても大丈夫かな」という意味なわけですよ。歩美と桂木が寝てるよ!なんて知ったら、ちひろはこうはいられなくなるはず。もちろん歩美も。だから桂馬くんも、バレないようにしているのでしょう。歩美が桂馬くんを好きになるのに、小阪ちひろという存在が干渉する必要はないわけです。桂馬くんからしてみれば。桂馬くんが自信満々にああまで言ったのだから、おそらく本格的な修羅場突入の望みは薄いでしょうね。望みってなんだ。



まあ、修羅場論はそのくらいでいいとして、今週の神のみは……なんかもう、歯軋りしながら読んでましたよ。天理が歩美よりも早く来てれば、展開が一つ前倒しにされてこうなったかもしれないじゃん!まあ天理と歩美は面識ないからならないかもしれないけどさ!
風邪をひいた時点で「これはこのまま歩美ちひろに行くなあ」とは思ってたよ!分かってたけどさ!個人的な望みとしては、そこから一回横道にそれて天理回とか来るかなぁと布団にくるまりながら期待してたわけなのですよ。だから152.5話とかいう、あんなひどい妄想を晒せるわけであってね!
天理は、なまじに行動の許容範囲が広いからすごく困るわけ。女神候補に挙がっていないキャラが出てこないのは納得できる。再攻略の末に女神が発覚したキャラが、他の未覚醒キャラに出番を譲るのも分かる。でも天理ディアナはさ、別に他のキャラに出番を譲る道理はないわけですよ!ただでさえ出番少ないうえに、ほとんどハクアとセットだし、単体で来たかと思えば天理は寝ててディアナしか喋らないし、そもそも天理よりもディアナの方が本体みたいなもんだし(公式ツイッター参照)。
女神を持つと、もちろん出番とか展開上で体の持ち主のキャラの出番が少なくなるのはもちろん承知してるし、他の女神持ちももちろんそうだろう!でも天理はもともとそうなんだよ!もともとそうなくせに、天理はディアナが桂馬くんを襲わない限り自分から外に出てこないんだよ!なんなんだよ天理!これが柔道の試合だったら「指導」貰いまくりだよ!積極性皆無だよ!そこがいいんだけどさ!
あとね!天理は専用イベントみたいのがないんだよ!というかイベントが少ないの!エルシィだったら一緒にお風呂入ったりしてるしデートもしてる。歩美は今回で一緒のベッドで寝て既成事実作りかねてるし、ちひろは二人三脚してる。ハクアに至ってはデートも風呂も、挙句の果てにトイレまでかましてるんだよ。それに比べて天理といったら、デート以外には一緒に引越しの荷物を運ぶ、と、玄関先で話す、くらいしかしてないよ!幼なじみという属性はもはや「隣人」にすりかわってるし、来訪率がハクアと同じってどういうことやねん!隣である必要性特にないじゃん!しかも今回に至っては、せっかく桂馬くんが「家で」イベントを起こしているというのに天理の影はどこにもないしさあ、まあ状況が状況だし仕方ないけど、「仕方ない」で済まされちゃうところが悔しい。
天理はエルシィ、ハクアの次に並べられるヒロインだから、そういうところでカットインしてきても誰も文句を言わないはずなんだよ。でも何も起きない。もしかして天理って、自分の見ていた幻覚とかじゃないのかよと思うくらい。10年前から関係あったり、幼なじみだったり、他キャラに比べて異常なまでの内側の読めなさだったり、天理はすごい強力なファクターを幾つも持ってると思うんだよ。でもそれが発揮されない。出てこないのに発揮しようがない。パラメーターを数値化したら、天理よりも高いヒロインポイントを持つキャラはいないと思うんだよ。
もう最近ずっと「どうしたら天理の出番が増えるのか」ばっかり考えてるけど、天理を神のみのフィールド上で活躍させるには、桂馬くんとの関係を一新するしかない。つまり今のままではなく、天理ディアナ編として、新たにガッチリと物語の軸を動かす必要があるわけ。そうなると長らくは無理だし、舞高祭が終わってからになる可能性も非常に高い。それまでに天理回、もしくは女神回みたいので天理が出てきたとしても今までと同じ。中盤まで画面の端にいて、話が進展するとディアナに切り替わって、大ゴマを使った後に天理に戻る。そしてまたおさらば。
なんかこんなこと言うとまるで愚痴みたいなけどさ、そうではなくて、いつかそうなることに期待したいなぁというお話なのですよ。てへへ。ま、最近、最新話の神のみを読むときの認識が「天理が出ているか、出ていないか」というところから分岐し始めているのは否定しないけど。出番のなさをうだうだ言って自虐るのはやめていとは思うのです。貫き通して、ゆるゆりのあかりちゃんみたいにしてもいいけどね。でも出番ない音信不通よりはマシかなあ。そしてできれば本編に出てほしいよね。天理はアイマスにおける小鳥さんじゃないのですよ。ま、出番ないよりは……(ry

今週の亮ちひ!



おお、珍しいコンビ。でもこの二人は、同じ空間に放り投げたら面白くなりそうだと思うんですよねぇ。亮ちひって語感いいし。りょーちもさんみたい。鉄腕バーディー。

8/17 ワンダー・チャンス(神のみぞ知るセカイ 153話感想)

(ブログ移転作業中。画像つき感想はこちら

今週の神のみぞ知るセカイはお久しぶりの153話「アイ・みー・まいン」でした。風邪をひいた赤城のもとに、ジローたち一行がお見舞いに行くお話でしたね……ってこれははじあくのあらすじだ。
前回、風邪に倒れた桂馬くんのもとに、颯爽と現れた亮。協力してリューネの襲撃を回避したにーさまは、エルシィの携帯を使ってとある人に連絡を取ります。
その相手が、歩美。

おおー、なんかすごく久々に感じますね、歩美の登場。神のみのトップバッターヒロインとして、今でも根強い人気を誇る歩美ですが……まあ今回は、その魅力が大いに発揮されていたかなと。さすができる娘ですよ、歩美は。

今週のストーリーではばっちり照準圏内に入っていた歩美でしたが、個人的な見解では、歩美ってちょっと押され気味なキャラだと思うんですよ……2B-PENCILSメンバーの一員として描かれることが多いせいだとも思うんですが、何よりも、歩美はいい子すぎる。

歩美ってほんといい子なんですよ。その片鱗はいろんなところでも明らかになってますが、とりあえず優しい。歩美は分類するならツンデレ側の、気の強さで恥らうところに萌えがあるわけで。それなのに、歩美はいつも基本的ににこにこしています。それは相手が桂馬くんだったとしても。
まあ、桂馬くんが本心では好きかどうか……という話はとりあえず置いておくとしても、かのんと付き合っているという最悪な噂みたいのがなければ、歩美は桂馬くんに対しても分け隔てなく接してます。ちひろ編のときのへそくりカロリー譲渡とかね。あれは単純な親切心だと自分は踏んでますが、それもこの先明らかになったりするのかなあ。

そこまで行かなくとも、一話の時点でその優しさは発揮されているんですが。攻略開始前の歩美は、クラスの底辺に存在するオタメガ桂木桂馬に対しても、嫌悪感は抱いてないように見えます。そう考えてみると、歩美は絶対クラスでもモテてるよなぁ……根暗なクラスの男子にもにこにこして話しかけて、男に変な勘違いをさせるんですね……うん、よくある。
だからこそ!だからこそね!かのんの噂が舞島学園の中に轟いたとき、教室でバッタリ遭遇した桂馬くんを一蹴した歩美は本当にかわいかった。基本的に温厚で、誰とでも笑顔で接する歩美が本気の蹴りをお見舞いしたわけですから。これこそまさにツンデレ。ツンの行為が実質的なデレとなる。すばらしく不器用な愛情表現。みんなに優しく接しているからこそ、そこから一歩足を踏み入れるときにどうしたらいいかわからなくなる。かわいい。

まさに、今週の歩美はそんな感じでしたよ。京もちひろもいない中で、ひっさしぶりな1vs1のガチンコバトル。といっても、桂馬くんは1on1で負けたことは、一度もないわけなんですが。


お見舞いイベントを能動的に引き起こす桂馬くん。お見舞いイベントってのは、いわずも知れた王道パターンであり、それ相応の破壊力も備えているわけですが……何がすごいって、もうイベントの前提から「言い訳」が完成されてるんですよ。「ヒロインがデレる言い訳」が。

「か、風邪ひいてるんだったら仕方ないわね、体調崩したら大変だし、助けてあげるわよ!」
そゆこと。風邪をひいている人がいたら助けるのは普通。義務。だからこれはデレじゃない―――そういうことですね。ヒロインがデレるにはそれなりの理由がいるわけですが、お見舞いイベント中では上の理由一つで全ての筋が通る。そこで遠回りしなくていいから、まさに怒涛の展開なわけですよ!おかげで今週の神のみはすごかった……二人っきり(しかも相手の部屋)で、普通ならツンオーラ噴出しまくりなはずのキャラも、デレる。もう桂馬くんは一生風邪でもひいてればいいんじゃないかな!こじらせろ!


今週の神のみで気になった部分としてはもうひとつ、こちら。
歩美が桂馬くんに水をあげるこのコマ……このコマに秘められたえもいえぬ色気……!ベッドの上の桂馬くんからは見えないすばらしい構図ですが、脳内検証を行った結果、このコマに漂う色気の招待は足ということが分かりました。具体的には、靴下をはいた足。いえーい!

自分は学生の頃から思ってましたが(いらない情報)、靴下っていいと思うんですよ。具体的には、靴下をはいた足。なんだろうなぁ……うまく言葉にできないんですが、こう心にグッとくるものがあるんですよ。個人的に。いや、踏まれたいとか、そういうことじゃなくてね。理屈では推し量れない何かがあるというか……別に手の先に手袋はめててもこうはならないんですが、靴下だと……これはもうすごく理屈が気になる。ただ、靴下をはいた女の子の足というものには目線を奪われてもしかたないとは思うのです。あとはこの足の曲がり方と、靴下の生地の伸縮の仕方と。肩紐がずりさがってる状態みたいな、特に何が見えているわけでも珍しいわけでもないのに心動かされるこの現象。こういうのを見てると、人生素晴らしいと思いますよ。紙の向こう側だけど。

歩美といえばわざわざツッコミが足だったりと、足芸に秀でた子ではありましたが、大方の期待を裏切らないすごい威力でしたわー。感服。歩美の魅力はやっぱり足だよねえ。いや、踏まれたいとか、そういうことじゃなくてね。

勝手に満足してる感が否めないですが、お見舞いイベントはまだまだ続く。このまま順調に進んでいくのか、それとも。どうする桂木桂馬!どうなる高原歩美!ちなみにそのベッドはエルシィのだぞ(余計なお世話)!

今週のきょろきょろ!

桂馬くんの部屋(に扮したエルシィの部屋)に入り、緊張した面持ちの歩美。部屋を見渡す歩美はかわいいですなあ。分かる分かるよ、好きな人の部屋に入ったら、まずはあたりを見渡しちゃうよね!ま、入ったことないけど!……いやでも、この前入った天理の部屋はキレイだったなぁ(遠い目)。

7/27 ランダム・エンカウント(神のみぞ知るセカイ 152話感想)

(ブログ移転作業中。画像付き感想はこちらでどうぞ)

今週の神のみぞ知るセカイは152話「Brand new Guests」でした。これまた大きな部分で、神のみという作品が廻りだす回でしたね……廻りまわって登場したキャラもいますし。


前回、室長に特攻質問をしかけて拘束されてしまったハクア。ノーラからいくつもの忠告をもらいますが、事態は最悪のまま……ハクアの身動きはきかず、人間界では桂馬くんも風邪にやられて動けない。今週は力が削がれていく桂馬サイドに、大きな異変が訪れます。

そのひとつが、新キャラ・リューネ……むむむ、これはまた難キャラそうな人が出てきたものですねぇ!毎度のごとくかませ犬役として出演しているリョーくんたちがいるおかげで、彼女の不気味さというものが加速していってはいますね。さすがリョーくん。アニメ版のかっこよさはどこに行ったのやら!

フィオーレが頭脳戦で桂馬くんにあっさり負け、カブトムシ状態になってしまった以上、最近はヴィンテージという存在がぼんやりしたものになってきましたからねぇ。なんだーやっぱり桂馬くんにはかなわないのかー、みたいな。フィオーレは檜編で登場した時点からその雰囲気を匂わせてはいましたが、リューネの場合は……今のところ、精神的にはフィオーレと比べても階級がひとつ違うくらいのオーラみたいのが漂ってますねぇ。カッターとかいう鋭利な刃物もビュンビュン振り回してますし、物や人を壊すことをもためらわない。フィオーレにはつけこむ隙がありそうな気はしますが、彼女の場合はどうだか。フィオーレと違って、単純な悪を持ったキャラ……が、果たして神のみに出てくるのかな。まーここでひとつ予想しておくと、リューネは裸になりますよ、たぶん!わおーなんと的を射た意味のない予想!

あと、彼女の着てる服……上に一枚羽織ってはいるものの、どうも下の制服が美里東高校っぽいような……とも思いましたが、よく見たらトーンの感じが違うし、別かなあ。出てきた最初の週で言うほど無粋なことはないですが、彼女が改心して天理と仲良くなったりしませんかねーって、ホントに無粋だな!

彼女、ヴィンテージの中でも位の高いお方だそうで……今回、女神センサーを通じてほかのヴィンテージに呼びかけを行います。って、結構いるんですねぇヴィンテージ。その連絡はもちろん囚われのフィオーレ(こうして書くとヒロインっぽい)のところにも通達されるわけで。安否確認を含めたその連絡ですが、フィオーレはもちろん、その場に居合わせた桂馬くんも、風邪で倒れて対応できない。リューネがそのことに気づいて桂木家に向かい、始めた、
そのとき。

駆けつけたのは、ノーラさんのアホバディーこと「浅間 亮」くんでした。リョーくんじゃないよ!ずいぶん久方ぶりの登場となる亮くんですが、ノーラさんの指示で女神センサーの対応をし始めます。……かなり不安に。

もはや「インド人を右に」の誤植レベルの戦い。左右を間違えずになんとか処理をした禿くん……じゃなくて、亮くんでしたが、いやーかっこいいですねぇ!神のみはこれまでも少年漫画的コマ割りというか、ラブコメらしからぬ演出(最近だと、マルス覚醒シーンは震えた)が多いわけですが……やっぱりそういうのは少年にやってほしいものだよね!まあもともと顔だけはかっこいい禿亮くんですが、今回はより磨きがかかってかっこよく見えましたよ……!読者がハラハラしながら読んでるにも関わらず、一切緊張感を抱いていないというのも、ここまでくるとかっこよく見えるものですね!やっぱりノーラさんと禿売亮くんのコンビネーションは、桂馬くんとはまた違った面白さと期待感がありますわ。

うーん、しかし、禿売灮亮くんはヒロインでないくせに異様なまでの愛おしさがありますね!前述したような緊張感のなさもそうなんですが、ノーラさんと同じく話の流れに流されない姿が、ひとつの癒しみたいになってるんですよ。麻里さんみたいな。世界がわりとピンチで、すぐそばに敵が迫っていて、下手をしたら死もすぐそばにある……にも関わらず、いつでも同じ態度でいます。それは面白さという面でも強いですが、読者からしてみると「安心感」という意味もかなり強くあるのかなあ、とは思います。グレンラガンのカミナとか、最近だと青エクの獅郎とか、どんな状況下においても自分をブラさないキャラというものは、かっこよく、頼りになるものです!まあ上に上げたメンツと比べると序盤で死んでしまう感がバリバリですが!禿売灮兌亮くんがそんなキャラと同列の扱いなのかよ、と思わんでもないですが、今回の彼の行動、とそしてそのかっこよさはそれに匹敵するものでしたよ!やればできるんだね!えらいえらーい!
禿売灮兌醂爾んなんてあまりにも出番がないから、もうポテトチップス食ってる印象しかないですもん。botのIDもポテチだし。今回でそのイメージも払拭され、片手でポテチを食べながらもかっこよく任務をこなす男という認識になり上がりましたよ!やったぜ!夜神月と同レベルだぜ!

天理編で最初に登場したときは、神のみ初の桂馬くんに次ぐ「ちゃんとした」男キャラかなーと思って期待してたのに……桂馬くんに嫉妬とかさせるのかなーと期待してたのに!まあ最終的にそうはならなかった禿売灮兌醉亮くんですが、これからもぜひ神のみに新鮮な風を吹かせに来てほしいものですね。

ノーラさんの命令で来た禿売灮兌醉兜亮くんに、携帯を取ってくれと命令する桂馬くん。携帯からどこかに連絡していますが……風邪で意識がうつろな桂馬くんが言った「イベントを起こす」という言葉が意味するものとは。果たして桂馬くん、お見舞いイベントを能動的に発生させるという逆走をこなしてしまうのか!次回に続く!

って、これじゃあ天理お見舞いに絶対こないじゃないですかぁ!ばんばん!


今週の来週のお話!

続きは38号で……とありますが、今週は35号です。来週のサンデーは36・37合併号ですので、神のみはそこで休載となります……って二週間も神のみないの!?こんな気になるところで二週もおあずけだなんてーううー!
しかし合併号に休載を入れるとは、若木先生も大した策略家よのう。ふっふっふ。


7/20 デッドマン・ワンダーランド(神のみぞ知るセカイ 151話感想)

(ブログ移転作業中。画像付き感想はこちらでどうぞ)

今週の神のみぞ知るセカイは151話「Arrested Development」でした。勇断で室長へと干渉したハクアの行く末が描かれるお話でしたね……って、こんなこと書くと死んでしまうみたいですが。


前回、栞の再攻略にケリをつけた桂馬くん。ミネルヴァの力を覚醒することにも成功しましたが、いくら神といえども器は人。過酷な攻略スケジュールをこなしたおかげで、桂馬くんはついに風邪に倒れてしまいました。



風邪をひく桂馬くんなんてのもかなりレアな桂馬くんではありますが、へらず口は相変わらずということで、言葉だけは強気ですね。これまでも空腹だったり、睡眠不足だったり、神モード発動のしすぎだったりで体力的にピンチに陥っていた桂馬くんですが、今回ばかりは大変そうですよ。
ラブコメにおいて、主人公が風邪をひいて寝込み、それをヒロインが見舞いにくるっていうのはすごーくありきたりな設定です。二次元では。サマーウォーズで「屋上であの子とお昼イベント」みたいに言われてましたが、テンプレともいえるそのような展開も、現実世界では頻出したりはしないのであります。あ、歩んできた人生のせいとか言うな!みんなそうでしょ!
風邪で寝込んだところにかわいいヒロインが看病しにくるなんてのは、現実ではありえないにしても、どうしたって心惹かれるイベントなんですよ。自分がされるかどうかというよりも、ラブコメ作品の中で、主人公とヒロインがそうなっているのを見るのは一つの儀式のような気がします。気がします、が。
今現在の神のみはヒジョーに不穏なハーレムが形成されてますからね……桂馬くんの主動力が完全に働かない今、下手をしたら大修羅場に突入の危機ですよ!なんて羨ましい!果たして落とし神はこのピンチをチャンスに塗り替えることはできるのか!がんばれ桂馬くん!羨ましいぞこのやろう!

ま、看病イベントで一番楽しみなのは、ヒロインの心情だったりもするのですが。この美味しいイベントをつかむのは誰だ!天理か!

一方、地獄ものっぴきならない状況のようで。

ヴィンテージの存在を危惧して、室長に話をもちかけるハクア。さすが地区長と言わんばかりの行動力ですが、作品の性質上、やっぱりこういう行動は裏目に出ますね……決死の告白も室長に軽くあしらわれ、拍子抜け……している暇もなく、退出ゲートで拘束されてしまいます。

監獄のような場所に幽閉されたハクアのもとに来訪したのは、ノーラさん。今週はノーラさんのかっこよさが際立つ回となっていましたが、それにしても彼女の存在感はピカイチですね。萌えキャラというわけでもなければ、利害を常に念頭に置くどちらかというと嫌なキャラにもかかわらず、「ノーラさんきた!やっほい!」となるわくわく感。神のみのキャラっていうのは、ノーラ以外……フィオーレでさえも、自分の信念というものとみんながみんな戦っているんですよ。理想をかなえるために、何かを手に取るために、悩んで苦しんでふらふらと前に進んでいる。ただしノーラさんに限ってはそういうものと乖離していて、一段階上から正論を振りかざしてくるんですよね。天理の攻略のときも「愛と憎しみなら、憎しみのほうが多い」みたいな身も蓋もないことを言っていましたが、身も蓋もないと感じるのは正論だからですよ。



「正論は人を傷つける。いつだって」と阿良々木くんも言っていましたが(うろ覚え)、理想をおいかけることをテーマとした神のみにとって、ノーラさんみたいな「ちひろとはベクトルの違う『It's all right』」を持つキャラは非常に珍しい。ただ逆に、だからこそ、ノーラさんがいないと進まない話というのももちろんあって、今回がまさにそれでした。「室長がヴィンテージなんでしょ」と飄々と言ってのけることができるのは、ノーラさんだけでしょう。ノーラさんは同族のフィオーレも疑ってましたしね。そういう達観した目線は、桂馬くんにも難しいのではないだろうか。

今週のドクロウ室長!



ドクロウ室長、本当にヴィンテージなのだろうか……ひねくれた見方をすれば、実はこの拘束はハクアの身を守るためだった……みたいのだったら嬉しいんだけどなぁ。ドクロウ室長かわいいんだし!

7/18 移行のお知らせ


えー、このたび、当ブログは移行いたします。突然だなおい!と思われる方もいるかと思いますが、ぜひとも脳の隅っこのほうで覚えてもらえると嬉しい限りです。

http://studiotrefle.blog.shinobi.jp/

上のリンクが新・StudioTrefleのページです。見た目は似た感じ……かな。しばらくはこのブログとリンク先の新ブログにも同じ記事を更新するつもりですので、時間をかけて完全に移行したいなーと思っております。
どうぞよろしく。


7/14 ファインドアウトマインド(神のみぞ知るセカイ 150話感想)


気になるじゃないの!

今週の神のみぞ知るセカイは150話「Welcome Hell」、ひと段落ついた栞の再攻略ののち、桂馬くんサイドにも少しずつ動きがあったお話でした。天理に動き?ありませんよ(にっこり)。

 

7/10 Rの向こう側


天理がかわいすぎてつらい | とれふる@充填中 [pixiv]
自称R-18につきご注意を。



更新したのは2日ほど前なのですが、更新しました、R-18天理イラスト。いきさつはこちらのブログ記事を参考してもらうとして、まあ、答えました。無茶振りに。

そもそも、アニメ最終話が来るということで変なテンションになっていたのが最大の原因だよなぁ。まさに浮き足だってふわふわした感じで、そこにくわえて「天理が出てこないかも」という不安要素もありましたから、まー何か言わないと落ち着かなかったというのもありまして。何が言いたいかというと、ぐへへへ描いてやるぜぐへへへって感じじゃないということだよ!これ重要だよ!

見てもらった方にはまる分かりかと思いますが、イラスト的にはそんなにR-18!!食事中には見れない!!ってわけではないんですよ。下半身に訴えかける(嫌な表現だなあ)ようなのではなくて、扇情的というか。描いた本人がこんなこと言ってたらR-18もクソもないですが、それ以前にR-18イラストなんてのはかなり曖昧な線引きですしね。映画みたいに誰が調べるわけでもないし。「とれふるの描いたイラスト」としてではなく「鮎川天理のイラスト」として見れば、R-15くらいの健全なイラストになっているはずですよ。てへ。でもでも、Pixivにある「手枷」タグの他のイラストと比べれば健全だよ!ド健全だよ!よい子は調べちゃいかんぞよ?


まあ今回どうしても仕方なくこういう天理のイラストを描かなくなってしまったということで、とりあえずコンセプトは決めてました。まず「見えちゃいけない部分が見えない」こと。そして「縛る」こと。目隠しもしてみたかったけど、あれは絵的に見るとどうしても映えないんだよね……顔はキャラの命ですから。

見えないようにするっていうのも、リンク先のイラストの二枚目みたいにモザイクのような感じで隠す、というのもありかとは思ってましたが……一回くらい天理の下着姿を見てみたいなあと思って(というか、常に思ってる)、どうせならこの機会に描くか、と。下着っていうのは、下着の下が見えちゃってるのとは違うベクトルの色気があるんですよ。なんというか……自分は萌えってのはシチュエーション至上主義(壁の向こう側で女の子の姿が見えなくても、見えないからこそ萌えられる=シチュエーション萌え)なんですが、下着ってのはまさにそれの頂点かなと。水着と構造面積数値的には同じでも、持ってる意味が完全に違う。水着みたいに見せるためじゃなくて(この話はしてるだけで今後のアクセス数が減りそうなので割愛)

あとは、パンツ……歩美の誕生日イラストを描いたときにも言いましたが、自分は女子のパンツというものが描けません。だって、見たことねえし。構造は分かるんですよ?3Dで描けって言われれば描けるけど、それが絵の一部分として、少女の衣服のひとつとして考えると、もう全然分からない。だって、見たことねえし(強調)。
ツイッターで「パンツ描けない」みたいなことをつぶやいたら「下着の通販サイトにでも行けばよいのでは?」と言われて巡ってみたのですが、残念なことに、ずり下げられた下着の写真はありませんでした。あるわけねーだろ!(セルフツッコミ)


個人的には左手のシーツつかみというのもグッとくるポイントではあるんですが、ちょっと地味な感じになってしまいました……これは自分の実力不足ですねすいません!自分はもうシーツなんてつかむものという認識でしかありませんもん。

そして表情……表情はかなり悩みましたが、結果的にあのような困っている表情に。自分として、あの表情の裏設定(すなわちシチュエーション)は「手枷をつけてもいい、と言ってはみたものの、いざとなるとちょっと不安になってきたな……でも言っちゃったし、それに、イヤじゃないし……」というのがあるんですけれども、これはまあ墓の中まで持っていく内密なお話なので、誰にも言わない。てへてへ。


出来としての話はともかくとして、今回のイラストは自分の欲望がつまってます。こういうのが見たい!というのを、自分の画力で表現できるギリギリのラインを狙って描きました……そこに関しては成功してますかねぇ。このイラストに含まれてる要素を箇条書きにしてまとめれば、そのまま成仏できそうなレベルなのです。誰かリメイクしてくれないかしら!
シチュエーション萌え、とは言いましたが、自分が一番好きじゃないのはその逆です。つまり、見えてりゃいいみたいなやつ。キャラの設定とかほとんど関係なしに、とりあえず○○○○を女の子が見せ付けてるとか、とりあえず○○○○してるみたいな、ね。全否定するつもりはもちろんないですけど、そこにある愛はどのくらいなのだろう……とかは考えてしまいますよ。ただPixiaにはキャプションというものがあって、イラストによってはそのキャプションで少し物語が描かれている場合もあるんですが、それがあるだけで一気にシチュエーションとして成立しますよね。キャプション最高。


……と、言っておきながら、自分の描いた天理のキャプションは非常にアレです。twilogから「天理」で一斉検索して持ってきたやつなんですが(他の人は絶対マネしちゃダメだよ!絶対だよ!絶対に絶対だよ!)、もはやイラストよりも犯罪性の強いキャプションとなってしまいました……ぐはあ。もともとはイラストがイラストで、一応R-18タグも付いてるし、照れ隠しというか視線を分散させる目的でああしたわけですが、なんかもう、逆効果ですわ。あのイラストを見た中のどれだけの方に「とれふる=変態」という間違った認識が広がってしまったのかと思うと……ぐすん。でも、歪んでいてもそれが愛の形ですよ。天理と恋したい。二の腕とか束縛とかそういうものは要素の一つでしかなくて、結局はそれなのかなぁ……なんて思わんでもないですが。とれふるはいつでも恋人になってくれる鮎川天理さんを募集しております。

天理かわいいよ天理。


7/7 口笛ジェット(神のみぞ知るセカイ FLAG 149感想)


私のお話をしましょう。

今週の神のみぞ知るセカイは149話「私について。」でした。2年半の間、神のみ内で圧倒的な人気を誇った栞。彼女の物語にいま一つのピリオドが打たれます。そして……。

 
続きを読む >>


PR

latest entries

移転作業中











最新5話公開中


神のみぞ知るセカイ


再放送開始!
テレビ東京
毎週土曜日 深夜3:50〜
テレビ大阪
毎週金曜日 深夜4:05〜
テレビ愛知
毎週火曜日 深夜4:30〜

つぶやいてます。


アクセスカウンタ(2011/2/18/12:00〜)

categories

archives

recent comment

  • 8/27 でも、あってもいいと思うのだ
    Breaking Bad/ブレイキング・バッド Season2 DVD-BOX
  • 6/29 with my love(神のみぞ知るセカイ FLAG 12.0感想)
    ななし
  • 6/29 with my love(神のみぞ知るセカイ FLAG 12.0感想)
    リアルオタメガ
  • 2/12 神のみぞ知るセカイSS 天理&ディアナ(最終話)
    takiakane
  • 7/27 ランダム・エンカウント(神のみぞ知るセカイ 152話感想)
    そい
  • 7/14 ファインドアウトマインド(神のみぞ知るセカイ 150話感想)
    そい
  • 7/14 ファインドアウトマインド(神のみぞ知るセカイ 150話感想)
    Airride
  • 7/7 口笛ジェット(神のみぞ知るセカイ FLAG 149感想)
    月夜の松
  • 7/7 口笛ジェット(神のみぞ知るセカイ FLAG 149感想)
    Airride
  • 7/7 口笛ジェット(神のみぞ知るセカイ FLAG 149感想)
    けいじゅ

recent trackback

  • 6/30 きみとわたしと(神のみぞ知るセカイ 148話感想)
    余所見運転

recommend

神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 1.0〜2.0までを収録、楠に挑む第2期シリーズ第1巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 6.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイ ROUTE 6.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 11.0〜12.0までを収録、神に導かれるブルーレイ第6巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ 13 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 13 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
5つの思いが交差し、止まった世界が動き出す。再び始まる、第13巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 5.0 Blu−ray 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイ ROUTE 5.0 Blu−ray 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 9.0〜10.0までを収録、栞に紡がれるブルーレイ第5巻!

recommend

アイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマ
アイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマ (JUGEMレビュー »)
神のみぞ知り隊
あなたを想うだけで感じるアイノヨカン・・・至高のエンディングテーマ。

recommend

A Whole New World God Only Knows 神のみぞ知るセカイII/OPテーマ
A Whole New World God Only Knows 神のみぞ知るセカイII/OPテーマ (JUGEMレビュー »)
Oratorio The World God Only Knows
たゆたうリアルの鼓動に交わる、アイディアルの旋律。新たなセカイがここにある、第2期OPテーマ。

recommend

神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
謎のマッドサイエンティストは夢を見る。ひとつの理想の夢を見る―――第12巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 4.0 Blu-ray 〈初回限定版〉
神のみぞ知るセカイ ROUTE 4.0 Blu-ray 〈初回限定版〉 (JUGEMレビュー »)

FLAG 7.0〜8.0までを収録、悪魔に翻弄されるブルーレイ第4巻!

recommend

Birth 〈初回限定版〉
Birth 〈初回限定版〉 (JUGEMレビュー »)
中川かのん starring 東山奈央
星、誕生――――!真のアイドル・中川かのんの1stアルバム。

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 3.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイ ROUTE 3.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 5.0〜6.0までを収録、かのんに痺れるブルーレイ第3巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 2.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイ ROUTE 2.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 3.0〜4.0までを収録、美生に鞭打たれるブルーレイ第2巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

FLAG 1.0〜2.5までを収録、歩美に蹴られるブルーレイ第1巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
神は取捨選択を試みる。理想の為に。それはきっと歪んだ望み――第11巻。

recommend

コイノシルシ アニメ「神のみぞ知るセカイ」EDテーマ
コイノシルシ アニメ「神のみぞ知るセカイ」EDテーマ (JUGEMレビュー »)
神のみぞ知り隊,漆野淳哉,前口渉
あの日、君の目に見つけたコイノシルシ・・・珠玉のエンディングテーマ。

recommend

God only knows~集積回路の夢旅人~ テレビアニメ「神のみぞ知るセカイ」OPENINGテーマ
God only knows~集積回路の夢旅人~ テレビアニメ「神のみぞ知るセカイ」OPENINGテーマ (JUGEMレビュー »)
Oratorio The World God Only Knows,西田恵美,若木民喜,前口渉
アニメ「神のみ」のOPテーマ。神のみを飾る全六幕による壮大なオラトリオ!

recommend

神のみぞ知るセカイ DVD付限定版 10 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ DVD付限定版 10 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
この秋、神はさらなる進化を遂げる!セカイを動かすアニメDVD同梱版!

recommend

神のみぞ知るセカイ 10 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 10 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
もう一人の武術家は破壊する。常識も現実も街も、自分も。終わりが始まる、第10巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 9 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 9 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
将棋少女は涙を流し、お嬢様は涙を呑んだ。ささやかでもいい、現実に挑んだ第9巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 8 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 8 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
幽霊少女とラーメン少女、戦うべきは世界か、大人か。夏が終わりを告げる、第8巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 7 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 7 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
確かにあった、いつかのあの日。確かにあった、あの想い……邂逅の第7巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 6 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 6 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
後輩水泳部員は、照りつく光と雲の下で短い一つの幻を、見る。神に祈りし第6巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 5 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 5 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
神vs聖職者、神vs人形少女、幸せと理想は共存しえるか・・・。条理に抗う第5巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 4 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 4 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
普通少女と落とし神、世界の色は溶け合うか?雨音鳴り止まぬ、第4巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 3 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 3 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
気高き武士のルートは見えるか?さらなる悪魔も襲来、世界渦巻く第3巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 2 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 2 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
輝くアイドル、静かな図書委員、対極両極の2人に神の手が冴える、第2巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ 1 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 1 (少年サンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
陸上部少女と社長令嬢、落とすは「恋」!現実恋愛攻略奮闘記始動、第1巻。

recommend

神のみぞ知るセカイ―神と悪魔と天使 (ガガガ文庫 あ 4-1)
神のみぞ知るセカイ―神と悪魔と天使 (ガガガ文庫 あ 4-1) (JUGEMレビュー »)
有沢 まみず,若木 民喜
神のみ×有沢まみずのノベライズ
第1巻!

recommend

神のみぞ知るセカイ 2 祈りと呪いとキセキ (ガガガ文庫)
神のみぞ知るセカイ 2 祈りと呪いとキセキ (ガガガ文庫) (JUGEMレビュー »)
有沢 まみず
有沢まみずのノベライズ第2巻!
ハクアも登場!

recommend

神のみぞ知るセカイ POSTERS!
神のみぞ知るセカイ POSTERS! (JUGEMレビュー »)
若木 民喜
神のみのレアイラスト集。
ファン必携!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM